補助簿総合・選択問題(値引き)

 

次の取引が、下記のどの補助簿に記入されるか、該当する補助簿を記号で答えてください。
(取引)玉喜商店に対して売り渡した商品の一部に汚損があったため、¥10,000の値引きを求められ、これを承諾し、掛代金から差し引くこととした。
(補助簿)(ア)現金出納帳・(イ)小口現金出納帳・(ウ)当座預金出納帳・(エ)商品有高帳・(オ)得意先元帳・(カ)仕入先元帳・(キ)売上帳・(ク)仕入帳・(ケ)受取手形記入帳・(コ)支払手形記入帳

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
(オ)・(キ)

【合格直結の思考】

1.「売り渡した商品」「値引き」→売上帳

2.「掛代金から差し引くこととした」→売掛金元帳(=得意先元帳)

【合否を分けるポイント】

1.値引きの場合は、商品有高帳に影響しない。
仕訳の上では、値引きも返品も売り上げの(一部)取り消しで同じであるが、返品は商品ごと戻ってくるので、商品有高帳にも記帳する必要があります。
しかし、値引きは商品自体は戻ってこないので、売上(売上帳)や売掛金(売掛金元帳)は反映させますが、商品有高帳には影響しないのです。

2.売掛金元帳=得意先元帳と読み替えできるか?

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「補助簿」へ

公開日: