決算整理・精算表(売上原価計算・売上原価勘定で)

 

次の決算整理事項に基づいて精算表を完成させてください。
[決算整理事項]
商品の期末棚卸高は¥3,000であった。
売上原価は「売上原価」の行で計算すること。精算表(売上原価計算を売上原価勘定で計算する問題)

≫ 解答・解説はこちら

【解答】精算表(売上原価計算を売上原価勘定で行う解答)

【合格直結の思考】

1.当期の仕入高と(期首の)繰越商品¥2,000を売上原価に振り替える
(借)売上原価 2,000(貸)繰越商品 2,000
(借)売上原価 15,000(貸)仕  入 15,000
そしてこの修正仕訳を精算表の修正記入欄に記入する。精算表(仕入と繰越商品から売上原価勘定へ振り替え)

2.期末在庫(=商品期末棚卸高¥3,000)を売上原価から引く
(借)繰越商品 3,000(貸)売上原価 3,000
そしてこの修正仕訳を精算表の修正記入欄に記入する。精算表(売上原価から繰越商品へ振り替え)

3.もともとの残高試算表の数値に修正記入を加減した結果を損益計算書欄及び貸借対照表欄に記入する。
繰越商品は資産なのでB/Sへ
売上原価は費用なのでP/Lへ精算表(売上原価勘定修正記入からP/L・B/Sへ)

【合否を分けるポイント】

1.売上原価勘定を用いた売上原価の計算方法と仕訳を理解しているか?
<計算方法>
売上原価=当期の仕入高(a)+前期からの在庫(b)-当期末の在庫(c)
<仕訳>
(借)売上原価 XXX(貸)仕  入 XXX・・・(a)
(借)売上原価 XXX(貸)繰越商品 XXX・・・(b)
(借)繰越商品 XXX(貸)売上原価 XXX・・・(c)

もし、売上原価の計算式が思い出せなくなったら、銀行の預金通帳を思い出せばよい。
「繰越+預け入れ-引き出し=残高」
この式なら忘れないはず。
この式を変形すると
「引出=繰越+預入-残高」
この預金通帳の式の
繰越=(期首)繰越商品
預入=(当期)仕入高
引出=(当期)売上原価
残高=(期首)繰越商品
に置き換えればOK。

2.修正仕訳を正確に修正記入欄に記入できるか?

3.残高試算表欄+修正記入の結果を、勘定科目のグループに応じて損益計算書欄及び貸借対照表欄に記入できるか?

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「精算表・売上原価計算」へ

公開日: