資本金・引出金

 

次の取引を、下記の語群を使って仕訳してください。
店主個人に係る損害保険料¥10,000と店舗兼住居用の建物の火災保険料¥10,000について、当座預金口座より引き落とされたという通知が取引銀行からあった。ただし、火災保険料のうち30%分は店主個人の住居部分に対してである。
(語群)当座預金・支払保険料・受取保険料・資本金

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額> / <貸方科目・金額>
支払保険料   7,000 / 当座預金 20,000
資 本 金 13,000

【合格直結の思考】

1.仕訳の鉄則はわかりやすい方から。
当座預金から計¥20,000が出て行ったのは間違いない(貸方)

2.「店主」個人の経費を、店の当座預金から引き落とされた分は、店主が店に出資した出資金(=資本金)の払い戻しにほかならない。
ここで選択肢の語群が「資本金」ではなく「引出金」であれば、「資本金」の代わりに「引出金」

【合否を分けるポイント】

・店主のプライベート経費=資本金の払い戻し(または引出金)

≫ 解答・解説を閉じる

「スキマ時間で簿記3級!」サイト「資本金」へ

「スキマ時間で簿記3級!」サイト「引出金」へ

 

公開日:
最終更新日:2016/02/15