現金過不足(決算時)

 

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
決算にあたり、現金の手許有高を調べたところ、帳簿残高は¥100,000、実際有高は¥90,000であった。この現金不足額のうち¥3,000は、従業員個人が負担すべき交通費を店の現金で肩代わりして支払った取引が未記帳だったためと判明したが、残りの現金不足額の原因は不明である。
(語群)現金・現金過不足・従業員立替金・従業員預り金・雑益・雑損

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額> / <貸方科目・金額>
従業員立替金 3,000 / 現 金 10,000
雑    損 7,000

【合格直結の思考】

1.現金の残高に関して、帳簿と実際の差が発覚したので、実際有高に合わせるように、帳簿上の「現金」勘定を、差額分減額します(減額なので貸方)

2.差額¥10,000のうち、原因が判明した¥3,000は「従業員個人」が「負担すべき」ところを「店」が「肩代わり」ということで「従業員立替金」勘定(=債権=資産)

3.原因不明分¥7,000は「現金過不足」と条件反射的に書いてしまったらドボン。
もう決算のタイミングなので、「現金過不足」勘定ではなく、いきなり「雑損」勘定。
現金過不足勘定は期中の間だけの仮の勘定なので、このまま決算に表現することはできず、精算(消すこと)が必要な科目です。

【合否を分けるポイント】

1.帳簿と実際が合わない場合、実際の有高が絶対なので、帳簿の方を実際に合わせて調整すること。

2.「決算にあたり、現金の手許有高を調べた」のだから、ここではじめて帳簿と実際の差が発覚したので、「現金過不足」勘定は登場せず、実際有高に合わせて帳簿上の現金を減額し、原因不明分はいきなり雑益・雑損に計上します。

3.雑益か雑損かと問われれば・・・帳簿>実際で帳簿上の現金残高を減らさなければならないので、雑損。

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「現金過不足」へ

公開日: