従業員の給料(源泉所得税の天引き)

 

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
給料日に、従業員に対する給料から所得税の源泉徴収額¥20,000を差し引き、手取金¥180,000を当座預金口座から振り替えて従業員に支払った。
(語群)当座預金・所得税預り金・仮受金・給料・租税公課

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額>/<貸方科目・金額>
給料 200,000 / 所得税預り金 20,000
--- --- / 当 座 預 金 180,000

【合格直結の思考】

1.給料¥200,000-源泉所得税(天引き)¥20,000=手取り¥180,000(振込み)

2.つまり、給料から天引きした源泉徴収額は、後でまとめて税務署に支払うべき「債務」。
納税者は従業員だが、給料から天引きして従業員から「預かり」、代わりに後で税務署に納める「所得税」分。
ちなみに「租税公課」勘定は、事業に係る税金(事業用固定資産にかかる固定資産税や契約書等に使用する印紙税など)。

【合否を分けるポイント】

実際の振込み額が¥180,000でも、給料としての費用計上は¥200,000。

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「従業員の給料(預り金・立替金)」へ

公開日: