従業員の出張旅費(概算払いと精算)

 

次の各取引について、下記の語群から勘定科目を使って仕訳をしてください。
(1)従業員の出張にあたり、旅費の概算額¥30,000を渡すため、小切手を振り出した。
(2)出張していた従業員が戻り、旅費交通費の精算を行い、現金で残額¥5,000の返済を受けた。
(語群)現金・当座預金・貸付金・前払金・立替金・仮払金・前受金・預り金・仮受金・旅費交通費

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額> / <貸方科目・金額>
(1)
仮 払 金 30,000 / 当座預金 30,000
(2)
現   金  5,000 / 仮 払 金 30,000
旅費交通費 25,000

【合格直結の思考】

(1)もし、旅費の確定額であれば、借方は、費用科目「旅費交通費」で3万円を計上すればいいわけです。
ところが、まだ本問では「概算額」なので、確定していないわけです。
よって「仮払金」になります。

(2)いつまでも「仮払金」のままというわけにはいきません。出張が終わって精算によって費用が確定します。
貸方で、仮払金を全額消して、現金¥5,000が借方にバック。残額¥25,000が旅費交通費の確定額となりました。

【合否を分けるポイント】

「前払金」と紛らわしいかもしれませんが、「前払金」は確定額の一部または全部の前払い(=手付金とか予約金)で、「仮払金」は概算払い。

≫ 解答・解説を閉じる

「スキマ時間で簿記3級!」サイト「仮払金・仮受金」へ

公開日:
最終更新日:2016/02/19