手形の割引(割引料の日割計算あり)

 

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
当店は、得意先から受領した約束手形¥100,000を取引銀行で割り引き、利息相当額を差し引かれ、残額は当座預金とした。年利率は5%、割引日数は73日分であった。1年は365日とする。
(語群)当座預金・受取手形・支払手形・支払利息・支払手数料・手形売却損

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額>/<貸方科目・金額>
当座預金  99,000/受取手形 100,000
手形売却損  1,000

【合格直結の思考】

1.「こんなの暗算できるか!」
・・・できます。
73日÷365日=0.2年(1/5年)
よって、¥100,000×年利率5%×1/5年=¥1,000

2.利息相当額である割引料は「支払利息」でも「支払手数料」でもなく「手形売却損」

【合否を分けるポイント】

1.銀行側の割引料(利息相当額)=手形売却損

2.「73日」「146日」など、日商簿記3級検定の問題は必ず割り切れる数で出題。

以前、割引日数が80日という出題がありました。365日で割れません(80÷365=0.21917808219・・・)
でも慌てない。
手形金額が365で割り切れる数でした。

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「手形の割引」へ

公開日: