返品(仕入戻し)

 

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
玉喜商店から掛けで仕入れていた商品のうち、¥3,000が品違いのため返品した。
この分は同店に対する掛代金より差し引かれた。
(語群)売掛金・買掛金・売上・仕入

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額>/<貸方科目・金額>
買掛金 3,000 / 仕 入 3,000

【合格直結の思考】

1.掛けで仕入れたときの仕訳
(借)仕入 XXX(貸)買掛金 XXX

2.このうち、¥3,000分を取り消す(=反対仕訳)

【合否を分けるポイント】

値引は単価のマイナス、返品は数量のマイナス。
どちらも、それだけ仕入(そして仕入代金である買掛金)を減少させること。
ちなみに言葉づかいですが、「戻り」といえば、一旦出て行った(貸方・売上)ものが自分に戻ってきたわけですから、売上の取り消し。
「戻し」といえば、自分が戻すわけですから、仕入の取り消し。

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイトへ

公開日: