手形の裏書譲渡(仕入代金・引取運賃あり)

 

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
商品¥10,000をみどりや商店から仕入れ、代金のうち¥8,000は手許に保管している得意先すずらん堂商店振出しの約束手形を裏書譲渡し、残額を掛けとした。
なお、商品の引取運賃¥500は現金で支払った。
(語群)現金・受取手形・売掛金・支払手形・買掛金・仕入・支払運賃

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額>/<貸方科目・金額>
仕 入 10,500/受取手形 8,000
--- --- 買 掛 金 2,000
--- --- 現  金  500

【合格直結の思考】

1.仕訳の鉄則はまず分かりやすい方から。
(借)仕 入 10,000

2.「代金のうち¥8,000は~約束手形を裏書譲渡し」
裏書譲渡できるのは受取手形だけ
(貸)受取手形 8,000

3.「残額を掛け」
(貸)買 掛 金 2,000

4.「商品の引取運賃¥500を現金で支払った」?
貸方は「現金500」
借方は?
「支払運賃」勘定?
違います。
仕入の付随費用は商品の仕入原価に含めるので1.の借方が「仕入10,000」じゃなく
(借)仕 入 10,500
というわけですね。

【合否を分けるポイント】

1.手形の裏書譲渡の仕訳
2.仕入の付随費用を仕入原価に含めることを理解しているか?

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「手形の裏書譲渡」へ

公開日: