複合問題(消耗品と当座借越)

 

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
消耗品¥3,000を購入し、代金は小切手を振り出して支払った。
当店の当座預金の残高は¥2,000であるが、借入限度額¥10,000の当座借越契約を結んでいる。
また、当店は消耗品の処理について、購入時にいったん資産として計上し、決算時に消費した分を費用に振り替える方法を採っている。
(語群)現金・当座預金・消耗品・当座借越・消耗品費

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額>/<貸方科目・金額>
消耗品 3,000 / 当座預金 2,000
--- ---  当座借越 1,000

【合格直結の思考】

1.借方は消耗品か消耗品費か?
問題文で「購入時にいったん資産として計上」とあるので、消耗品勘定(資産)
なお、もし「購入時に費用として計上」であれば消耗品費勘定(費用)

2.貸方は当座借越の問題
当座預金勘定と当座借越勘定の二勘定制の場合、当座預金勘定(資産)の残高がゼロになるまで当座預金勘定を減少させて、ゼロになったらそれ以上(マイナス分)は当座借越勘定(負債)に計上します。

【合否を分けるポイント】

1.消耗品の2種類の処理方法を理解しているか?
(1)購入時に資産(消耗品勘定)に計上し、決算時に使用分を費用(消耗品費勘定)に振り替える
(2)購入時に費用(消耗品費勘定)に計上し、決算時に未使用分を試算(消耗品勘定)に振り替える

お気づきのとおり、結果は同じことになりますが。

2.二勘定制の仕訳を理解しているか?
当座預金口座の残高について、
(1)プラスの時は「当座預金」勘定、マイナスの時は「当座借越」勘定と使い分ける方法が二勘定制
(2)残高がプラスでもマイナスでも「当座」勘定だけで記帳する方法が一勘定制

ちなみに二勘定制の場合、
(1)小切手を切るときは、残高がゼロになるまでは「当座預金」勘定を減らし、マイナス分は「当座借越」勘定に計上
(2)逆に口座にお金が入ってくるときは、当座借越(借金)があれば完済(残高ゼロ)まではまずその返済に充てて、当座借越を完済した残額は当座預金勘定に計上

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「消耗品と消耗品費(決算整理)」へ
「スキマ時間で簿記3級!」サイト「当座借越」へ

公開日: