商品券・他店商品券

 

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
丸豆百貨店は商品¥15,000を売り渡し、代金のうち¥10,000は当店発行の商品券で、残額は他店発行の全国百貨店共通商品券で受け取った。
(語群)商品券・他店商品券・前受金・売上

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額> / <貸方科目・金額>
商 品 券 10,000 / 売 上 15,000
他店商品券 5,000

【合格直結の思考】

1.仕訳の鉄則は分かりやすい方から。
商品¥15,000を売り渡したのだから(貸)売 上 15,000

2.借方のうち、まず「当店発行の商品券」は「商品券」勘定
ちなみに、この借方=商品券は、資産の増加ではなく負債の減少です。
当店が商品券を発行した際に、商品券勘定は負債(後で額面相当の商品と交換に応じなければならない)として計上されるのです。

3.残額の他店発行商品券は「他店商品券」。
これは資産です(精算すれば額面の代金が得られます)。

【合否を分けるポイント】

・当店が発行した商品券は「商品券」(負債)
・他店が発行した商品券は「他店商品券」(資産)

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「商品券・他店商品券」へ

公開日: