複合問題(当座借越と割引手形)

 
スポンサーリンク

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
取引銀行にて、かねて売掛金の回収として受け取っていた得意先振出しの約束手形¥30,000の割引きを行い、利息相当額¥600が差し引かれた手取金が当座預金口座に振り込まれた。
なお、取引銀行との当座借越契約の限度額は¥500,000であり、当座借越勘定は¥16,000の貸方残高である。
(語群)現金・当座預金・受取手形・当座借越・当座・支払手形・支払利息・手形売却損

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額>/<貸方科目・金額>
手形売却損  600 / 受取手形 30,000
当座借越 16,000
当座預金 13,400

【合格直結の思考】

手形の割引と当座借越の複合問題です。
1.まず、手形の割引の仕訳から。
満期まで待っていれば満額もらえるはずの受取手形を手放し、代わりに割引された手取金を受け取ります。
(借)(現金預金) 29,400
(借)手形売却損   600
/(貸)受取手形  30,000
・・・次にこの(現金預金)29,400について、当座借越のカラミを処理していきます。
2.借方は当座預金口座への入金ですが、¥16,000の借越し状態(借金)なので、まず先に借金を返済します。
(借)当座借越 16,000

3.次に、借金を完済したあとの残額を、当座預金勘定(資産)にプラスします。
(借)当座預金 13,400

4.最後に、1.~3.の仕訳を総合して、
(借)当座借越 16,000
(借)当座預金 13,400
(借)手形売却損 600
/(貸)受取手形 30,000

【合否を分けるポイント】

1.手形の割引の仕訳を理解しているか?
割引で手放す手形は、必ず受取手形(支払手形をもらってくれる相手先・銀行があるはずない)
割引料は「手形売却損」勘定

2.二勘定制の仕訳を理解しているか?
当座預金口座の残高について、
(1)プラスの時は「当座預金」勘定、マイナスの時は「当座借越」勘定と使い分ける方法が二勘定制
(2)残高がプラスでもマイナスでも「当座」勘定だけで記帳する方法が一勘定制
ちなみに二勘定制の場合、
(1)小切手を切るときは、残高がゼロになるまでは「当座預金」勘定を減らし、マイナス分は「当座借越」勘定に計上
(2)逆に口座にお金が入ってくるときは、当座借越(借金)があれば完済(残高ゼロ)まではまずその返済に充てて、当座借越を完済した残額は当座預金勘定に計上。
この出題は、借越し状態の口座に入金される(2)の場合を問うていますね。

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「当座借越」へ
「スキマ時間で簿記3級!」サイト「手形の割引」へ

スポンサーリンク

公開日: