貸倒処理(前期の売上債権)

 

次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
前期の売上げにより生じた売掛金¥20,000が貸し倒れた。なお、貸倒引当金の残高は¥8,000である。
(語群)売掛金・貸倒引当金・貸倒損失・償却債権取立益

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
<借方科目・金額> / <貸方科目・金額>
貸倒引当金  8,000 / 売掛金 20,000
貸倒損失  12,000

【合格直結の思考】

1.仕訳の鉄則は分かりやすい方から。
債権(資産)として借方に持っていた売掛金¥20,000が回収不能=消滅(貸方)

2.売掛金という資産が貸方で失われたのに、代わりに借方で何の資産も手に入らないので、¥20,000分「貸倒損失」となるところであるが、ポイントは「前期の売上げ」。
こんなときのために前期末に決算整理として繰り入れておいた貸倒引当金¥8,000をまず充てる。
足りない分は「貸倒損失」。
ちなみに、当期の売上げにより生じた売上債権が同じ当期に貸倒れした場合は、全額貸倒損失に計上します。
本試験では問題文を読む時に、前期なのか当期なのか、同じ会計期間なのか、期をまたいでいるのかをよくよく注意しましょう。

【合否を分けるポイント】

まず貸倒引当金を充てられるだけ充てて、不足分は貸倒損失として当期の損失とする。
ちなみに、「残高」にあったという貸倒引当金は、もとはと言えば前期末に、
(借)貸倒引当金繰入 ¥¥¥ (貸)貸倒引当金 ¥¥¥
という仕訳で、借方に貸倒引当金繰入で先に費用化してしまい、貸方に貸倒引当金としてとっておいたものです。

≫ 解答・解説を閉じる


「スキマ時間で簿記3級!」サイト「貸倒処理」へ

公開日: